ちょっとでもコスパが良いものが欲しいと思い、話題沸騰のビタミンを吸える電子タバコ、ビタフル・ビタシグ・ビタフルの違いを徹底的に比較した結果、衝撃的なことが分かりました!((((;゜Д゜))))

その意外な真実を先ずは結論から発表しちゃいます!(; ・`д・´)ゴクリンコ

ビタボン・ビタフル・ビタシグ比較

ビタボン・ビタシグ・ビタフルの中身を比較した結果、分かったこと、それは……ほとんど違いがない!ってことです!(´°д°`)

もちろん味の種類や値段、生産国、売っている場所など細かな違いはありますが、基本的にそれ大きな違いはありませんでした。(;’∀’)

ビタボン・ビタシグ・ビタフルの違いを仮に他の商品で例えるならカルビーのポテトチップスとコイケヤのポテトチップスくらいの違いです。

「いや、俺カルビーの方が好きだし……」とか、
「コイケヤのファンだから……」っていう方なら好きな方を選べばいいと思います。

でも、特にビタボンがいいとか、ビタフルじゃなきゃダメ!とかこだわっている人でなければ、基本的に安い方を買っちゃいますよね。

そこで3つの電子タバコのうち1番安く買えるのはどれかも調べちゃいました!( ^ω^ )

これも結果からいうとビタフルが1番安かったです。

値段の順番でいうとビタフルビタシグビタボンの順番で安くなっています。

1番安いのがいいという人は公式サイトで買うのがオススメ!
中間マージンがない分、他で買うよりも10%は安く買えます!

今すぐビタフルの最安値をチェックしてみる
こちら
*今現在、ビタフルが最安値の販売店です


各商品の特徴やデータの比較、違いがないという根拠が知りたい方は下の方に載せてありますので気になる人はご覧下さい。

ビタボン・ビタシグ・ビタフルの2つの違い!

ビタボン・ビタフル・ビタシグの違いは?
ビタボン・ビタシグ・ビタフルの違いはほとんどないと書きましたが敢えて違いを挙げるとすれば大きく分けて2つあります!

それは味の種類と生産国の違いです!

当たり前といえば当たり前なのですが、調べた限りでは
中に入っているビタミンの量
何回吸えるのか
など、正直な話どの商品も全く同じなので、味の種類と生産国くらいしか違いがないんですよね。(^_^;)(値段だとか手に入れやすさだとか、細かい違いはありますが……。)

ここら辺は普通のタバコと一緒ですね。

ビタボンやビタフルを初めて吸おうと思っている人は1度全部試して見ることをオススメします。

ビタボン公式サイト ビタシグ公式サイト ビタフル公式サイト

それでは、味の種類や生産国の違いについて細かく見ていきましょう!

ビタボン・ビタシグ・ビタフルの味の種類の違い!

ビタボン・ビタフル・ビタシグのフレーバーの違い
それぞれの味の種類は、

ビタボンは7種類
ビタシグは11種類
ビタフルは8種類

味の多さではビタシグが一番多いですね。

それぞれ、共通している味はバニラとミント、ブルーベリーでした。

ビタボン・ビタシグ・ビタフルそれぞれにしかない味もありますので一覧にまとめます。

ビタボン ビタシク ビタフル
味の種類 バニラ
ミント
ブルーベリー
チェリー
オレンジ
ジャスミン
ローズ
高麗人参
シナモン
バニラ
ミント
ブルーベリー
チェリー
ストロベリー
マックスメンソール
ジャスミン
マンゴー
シトラス
ラベンダー
チョコ
バニラ
ミント
ブルーベリー
チョコ
グレープ
アップル
グァバ
マスカット

変わり種として…
ビタボンには高麗人参が入ったもの。
ビタシグには日本限定のマックスメンソールのようなメンソール好きのための商品があります。

それに対してビタフルのマスカットは他にはない味ですね。

ビタボン・ビタシグ・ビタフルの味の違いなのですが、上でも書きましたが、カルビーやコイケヤのポテトチップスくらいの違いしかありません。

個人的にはビタフルのメンソールミントが吸いやすかったかな。

タバコで例えるならマルボロが好きな人もいればマイルドセブンが好きな人もいるように、好みは人それぞれです。

先ずは1度お試しあれ!

ビタボン・ビタシグ・ビタフルの生産国の違い

ビタボン・ビタシグ・ビタフルの生産国の違い
どこの国で作られたからコレがいいとかは余り言いたくはないんですが、気にする人は気になるのが生産国。

ビタボン・ビタシグ・ビタフルの生産国はそれぞれ、

ビタボン=韓国
ビタシグ=中国(アメリカ)
ビタフル=日本

になっています。

ビタボンは韓国の企業が韓国国内で、ビタフルは日本の企業が日本国内で生産していますね。

ビタシグはアメリカの会社が中国で生産しています。

どこで作った商品が一番いいかは中々甲乙付け難いのですが、管理人は昔中国製の安い電子タバコを吸って頭が痛くなったことがあります。(^_^;)

ですので、中国産の電子タバコはちょっと敬遠してしまいます。

ビタボン・ビタシグ・ビタフルを選ぶ時のポイント!

ビタボン・ビタシグ・ビタフルを選ぶ時のポイント
ビタボン・ビタシグ・ビタフルを選ぶ時のポイントは何といっても価格と手に入れやすさでしょう。

ビタミン吸引型の電子タバコで一番人気なのはビタボンですが、人気の秘密はその手に入れやすさです。

後発組のビタシグとビタフルは売っているところも少なく巷では探しても見つかりません。

逆に値段や味で勝負しているところがあるので人気が出てくるのはこれからではないでしょうか?

ビタボン・ビタシグ・ビタフルそれぞれの値段や売っているところの違いを見ていきましょう。

ビタボン・ビタシグ・ビタフルの値段の違い!

ビタボン・ビタシグ・ビタフルの値段の違いは

ビタボンが1本2,200円前後。

ビタフルが1本約1,100円前後。

ビタシグが1本約2,500円前後です。

ビタフルはビタボン・ビタシグと比較すると1000円も安いですね。

その分味の種類はビタシグの方が多いです。

逆にビタボンと比較した場合、味の種類も値段もビタフルの方が多いのでお得なのかな?

どちらにしても値段だけで比較するとビタフルが1番ですね。

ビタボンよりも1,000円安い!ビタフル公式サイト
http://vitaful.jp/

ビタボン・ビタシグ・ビタフルの売っている場所の違い

ビタボン ビタシグ ビタフル
通販サイト
(楽天・amazon)
ドラッグストア × ×

意外と大きいのが売っている場所の違い。

どんなに良い商品でも近くに売ってるのと売っていないのでは手に入れやすさが違います。

3つの商品の中で1番手に入れやすいのが、ビタボン。

ビタボンはドン・キホーテやネットカフェなど、お店や楽天、Amazonなどの通販サイトでも手に入ります。

販路が広いですね。

逆に手に入りにくいのがビタフルとビタシグ。

ビタフルとビタシグは通販サイトでしか今のところ販売していませんので、ネットで商品を買ったことが無い人には買うのはちょっとハードルが高いかな?

ネット通販を使ったことが無い人はこの機会に通販サイトを利用してみるのもいいかもしれないですね。

通販サイトで試しにビタフルを買ってみる!
http://vitaful.jp/

ビタボン・ビタシグ・ビタフルそれぞれの特徴は?

ビタフル・ビタボン・ビタシグそれぞれの特徴
人気のビタミン吸引型電子タバコの特徴とビタボン・ビタシグ・ビタフルそれぞれの特徴についてまとめました。

ビタミン吸引型電子タバコとは?

ビタミン吸引型電子タバコ
ビタミン吸引型電子タバコはタール0、ニコチン0で、吸うだけで身体に必要なビタミンを吸引できるという電子タバコに似た商品です。

形状は似ていますが、正確には電子タバコではありません。

ただ、購入の際は20歳以上どうか確認されます。

1回当たり約500回吸引でき、吸う人にもよりますが一本で大体2~3日持ちます。

使い捨てなので、電子タバコのようにトナーを交換したりはしません。

バッテリー内臓型なので充電の必要もないです。

ニコチンやタールが入っていないので副流煙の心配や禁煙エリアでも吸えますが水蒸気が出るのでマナーは守るようにしましょう。

いくらニオイがしないとはいっても煙を気にする人はいますからね。

ビタボンの特徴


ビタボンはDr.Moon Ho Jungと専門家たちによって開発された韓国発の電子ビタミンです。

アメリカで開発されたヴィタスティックという商品のライセンス生産になります。

日本で最初に販売されたためかどこでも買えるのが特徴ですね。

女性向けパッケージのビタキッスもあります。

ビタボンの公式サイトへ
https://foriina.com/brand/vitabon

ビタシグの特徴

ビタシグは前述したヴィタスティックをリニューアルした商品。

アメリカの医学博士Khary Bryan(カーリー・ブライアン)によって開発されました。

世界で最初に発売した商品なので世界的にはこちらが有名。

ビタシグ公式サイト
https://vitacig.jp/

ビタフルの特徴


ビタフルは3つの商品の中では最後発の商品です。

国内生産にこだわり、健康的で安全な商品開発がなされています。

安いのですがまだまだ認知度が低いですね。

ビタフル公式サイトへ
http://vitaful.jp/

ビタボン・ビタシグ・ビタフルは子供が吸っても大丈夫なのか?

子供は吸ってはダメ
ニコチンやタールが0ですし、ビタミン吸引型なら子供が吸っても大丈夫なんじゃないか?と思う方もいるかと思います。

子供にビタミンを吸引させたいと思う人もいるでしょう。

別に吸わせても身体に害はないのですが、喫煙のきっかけになってしまうかもしれないので、各メーカー子供への吸引を推奨していません

ノンアルコールビールを子供に飲ませないのと同じですね。

ビタミンを子供に摂らせたいのならロート製薬から販売されている『セノビック』や森永乳業が販売している『セノビー』などの子供用成長サプリメントの方が効率的です。

吸っていたからといって目くじらを立てる必要はありませんが、なるべく子供には吸わせないようにしましょう。

ビタボン・ビタシグ・ビタフルの比較まとめ

ビタボン・ビタシグ・ビタフルの違いいかがでしたか?

味の種類や値段、販売店などの手に入れやすさから自分に合った商品を選んでくださいね。

やはり、口コミよりも自分で試してみるのが1番!

ぜひ一度お試しください。

一番安いのから試してみる。
http://vitaful.jp/

こんな時は

ヤフオクやメルカリなどオークションサイトなどで使用済みのものを未開封として偽って販売したり、偽物を販売している人もいるようです。
もしもフリマアプリやオークションサイトなどで偽物を買ってしまった場合は消費者庁や、国民生活センターに迷わず相談してください。